FC2ブログ

横浜高島屋美術画廊で二人展です

お知らせです。

3月17日(水)~23日(火)まで、横浜高島屋美術画廊で二人展をいたします。

ウェブサイトにはもう掲載してあったからご覧になった方もいるでしょうか。
↓↓↓
https://ando-kobo.jp/niki/info.html




高島屋の方がデザインしてくださった今回のDM。

高島屋DM210305b



安藤和夫・安藤ニキ 二人展Ⅱ

会期: 2021年 3月17日(水)~23日(火)

時間: 午前10時30分~午後7時30分
    ※高島屋の開館時間に準じるため変更になる可能性があります。
      また、最終日は午後4時で閉会させていただきます。

会場: 髙島屋横浜店7階美術画廊 A


2018年以来2回目となる父子展です。
さらに、前回はB画廊でしたが今回は広い方のA画廊で開催させていただくことになりました!
基本的に全日会場に降りますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。
全日会場におりますので、ご高覧頂けましたら幸いです。(ただ私がいるのは夕方までくらいかな。よろしければコメントか、Facebookかtwitterでお問い合わせくださいな)



高島屋のウェブサイトにも掲載されています♪
↓↓
安藤和夫・安藤ニキ 二人展Ⅱ(木工・絵画)



今回出す作品についてですが、私はだいたい40数点・・・と計算していたんだけど50点近くなるかもしれん。
そんなに展示する空間がないよとなったらバックヤードに控えておいて展示替えと行きます。

とりあえず100号が4点あるのですよ。
そのうちS100号が2点。S100号とは長辺のサイズで正方形をした、100号の最大規格です。
シェル美術賞2018でオーディエンス賞を受賞した絵と、高島屋の展示のために描いた完全未発表の絵。どちらも最近のメイン制作になっている青のシリーズです。

そういえば前回の高島屋の展示ではシェル受賞作は出せなかったんだったな。まさに会期真っ最中で、作品が六本木に行っちゃっていたから。


小品は手のひらサイズから、ハガキ大・F3号からF6号までと幅広くあります。


最近の私の展示は青いアクリル画とモノクロの細密画が両輪となっていて、今度の展示もその2系統を展示します。
細密画の方のメインは何といっても「ドローイングとは何か」展入選作ですよねー。ついこの前に上野の東京都美術館に展示されていたあの作品もあります!


というわけで皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!
関連記事

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 絵画 アクリル 横浜 展覧会 シェル美術賞 高島屋 国立新美術館 横浜高島屋

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)